お も か げ

名古屋← 場所が好きです →その他

10/7-8

10/7金

奉納芸能の部@KDハポン

kiiiu
1曲目は柔らかい音で、これまでに見たことのあるkiiiuさんの音にはない感じがして、新しい感覚でライブを見れそうと思ったけど、それ以降は知っている印象のkiiiuさんの音。電子機材使ってのライブで小池喬さんの「デコピン」のカバーもやる。途中ループさせた音に入るタイミングを間違えて、「もう一回やり直します」って時があったけど、リズムがずれるとかそういう感覚があるんだな。ルーツとか分からない独自な音楽から、リズムとかを気にしない人だと思っていたので、意外に感じた。kiiiuさん始まる前にUKロックみたいな曲が流れていて、それからのkiiiuさんの音楽の流れも良かったです。何でUKロック流してるんかなと思ったけど、松阪さんの選曲なのかな。

松阪崇久
ギターをジャカジャカ鳴らしての英歌詞の曲で、UKロックな歌いまわしも声の出し方も上手い。松阪さんは何回か見てて、今回新曲と紹介した曲もあったけど、あんまり印象変わらず。Jeff Buckleyのカバーは、多分アルバム「GRACE」からの曲ではなかったと思う。

長野友美
久しぶりに見て、1曲目でこんな声だっけ?って思ってしまう。野村麻紀さんみたいな酒飲みな歌い方に少し思えた。曲も淡々と進んでいったけど、松阪さんからの「最近あの曲やってないんですか?」なリクエストの「羽が生えたら」って曲の、「夕暮れに伸びる影~」みたいな歌詞が良くて、やっぱりこの人良いな~と思った。「ミノタウロス」って曲があったのは唯一覚えてるけど、今回はせず。最後はアカペラで多分CHAINSのカバー。

YOK.
最初はkiiiuさんとのyokiiiuで1曲。前見たときにやってた3曲の内の1つかな。ハワイアンみたいな曲が良かった印象あったけど、それではなかった。で、YOK.さんソロになって「Make the circle」「ジプシー」など。改めて曲が良いと思ったし、特に「Free」のサビの部分にはぐっとくるものがあった。YOK.さんはギター使っての演奏だけど、曲中での低音の入れ方が上手いし、曲の流れもしっかりしてる。少しスティーブジャクソンのモモジさんに通じるものを感じた。途中でお客さんにマイク回して願い事を聞いたり、コーラスのサンプリングもしてもらって、それに合わせて歌ったりもする。アンコールは松阪さん迎えて「何ができますか?」ってことで、麓健一さんのカバー。主に松阪さんが歌って、YOK.さんはコーラス入れる。YOK.さんは曲をよく知らない雰囲気だったけど。松阪さんって日本語の曲もカバーするんだな。考えてみると麓さんはUKっぽいメロディー。

__________

10/8土
TOYOTA ROCK FESTIVAL@豊田スタジアム外周

MILK
久しぶりに見たら、1曲1曲が長くなっている印象。インストの「MARU」以外は初めて聞く曲ばかり。新曲の説明をするMCは名古屋のパンク/ハードコア・シーンの人に見える。中盤位にやっていたドラムが少し間を入れる曲が格好良かったです。

平井正也(マーガレットズロース)
テンション高めでバンドの時と変わらず。「どん底」「べいびー」「斜陽」とかの代表曲のほか、最近出したアルバムからの曲も。曲の作りは基本変わってないけど、ギターのフレーズが不思議な曲があって、それが良かった。ステージはGreen Sweets Sreetっていう道端だったけど、「スタジアムロックのつもりでやります!」って言ってて、そのMCがスケール感ある曲も個人的な曲も同じ感覚でやっていそうな平井さんらしい言葉だった。

ホーミータイツ
意外ときれいな声なフォークユニット。見え方のイメージとして、初期のチャゲアスみたい。Per.の人は自由なスタイルで、笛吹いたり、スティック真上に投げて後ろに倒れたり、寸劇みたいなノリもあった。確かフォークっぽい印象以外にも何かを感じたけど、思い出せない。

eastern youth
クラシックな良さがあって、当たり前に格好良い。ちゃんとバンドに相応しい音出してるな~と思いながら、ぼーっと見てた。新メンバーになってからは初めて見たけど、Ba.村岡さんも自然に馴染んでいました。