読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お も か げ

名古屋← 場所が好きです →その他

11/23-24

11/23水
うたのみちかけ@大須モノコト

しょうにゅうどう(河合愼五+西本さゆり+林敬子)
林さん参加でのしょうにゅうどうを見るのは初めてだったけど、林さんが凄かった。いきなりプロが入ってきた感じ。シロフォンとその他の小物パーカッションを色々操って、曲に彩りを与える。ドラムに移ってからの肩を横に揺らして歌に乗りつつ叩いてる姿も凄かったし、目が釘付けになる演奏。こんな凄い人もいるんだな。河合さん・さゆりさんの歌も安定していて、今までがうそみたいとまでは思わないけど、レベルアップ感が凄かった。曲は「ずれる」「眺める景色」「右左」「死ぬかと思った」など。クリスマスとお正月の曲で、さゆりさんが飛び跳ねすぎてて棚の展示物が落ちてきたのが面白かったです。

藤井邦博(from 魚座)
最初は「アイスコーヒー」から。氷が零れ落ちる描写の良い歌。その次に「サウナ」(低音シリーズ)、「お腹がいたい」と続く。普段通りの藤井さんなんだけど、歌の内容も曲名も面白かったんで、会場から少し笑いが起きる。最近は草シリーズの歌を作ってるらしく、次の曲は「荒れ地」。昨日の「草の間に隠れた」って歌詞もそういうことなのか。上の方から水道管の音が聞こえつつ、昨日と同じ水の施設の説明をしての「グリーンパーク」。「ウーウーウー」ってサビが印象的。その後、小倉のピンク映画館やしょんべん横丁の話をしてからの「日陰」。この曲の「ゴミを集める人達とすれ違う木曜の日陰には小銭が散らばっていた」って歌詞にものすごくぐっと来る。藤井さんの凄さを再認識しました。MCでの曲の説明も大事なんだな。最後は「宗教戦争」。

yojikとwanda
wandaさんの夏の曲でスタートしたけど、ニャーニャーした歌い方に少し引き気味。あれっ?こんな人だっけ。yojikさんの方は前からの印象と変わらず。会場もフーッ!とかが飛び交う雰囲気でコール&レスポンスもばっちり。yojikさんの中々光らない指輪がようやく光るようになるだけでも盛り上がる。多分こういう状況でヨーワンを見るのは初めてで、ずっと戸惑いながらライブを見る。wandaさんのギターの不思議なフレーズとか聞くと、今後も見てみたいとは思うんだけども。最後は今日の出演者+PLUTATAまどかさん(シェイカーとオルガン)でのセッション。しょうにゅうどうの「ロドリゲス」での藤井さんの声もマイク持ってる姿も良かったです。ここでも林さんのボンゴの音が良い。次の、wandaさんが歌う藤井さんの「本を読まなくちゃ」はテープの早回しみたいにテンポが速くなってて、正直台無しにしてた印象。藤井さんのゆったりしたVerで聞きたかった。最後はヨーワンの「I Love You」。wandaショックが抜けなかったのかあんまり覚えておらず。
__________

11/24木
@きてみてや

yoshie's old hot spices[坂本愛江(vo)黄啓傑(tp)八木橋恒治(g)服部将典(cb)]
小規模なバンドセットで、そんなに鳴らさないギターも含めて心地いい音。ボーカルにコーラスをするように付いていくトランペットの音も良かったです。自作曲や「私の青空」「Over the rainbow」とかのクラシックなカバーの他、愛江さんはカントリーの人らしく、ハンク・ウィリアムズやウィリー・ネルソンの曲もカバー。レイ・チャールズのカバー?(映画「Ray」で使われたとか説明)もしていて、その時に話していたレイ・チャールズは目が見えないので、自分は肌の色関係なく聞いてるんだってエピソードが印象的。英歌詞の曲終わりに何を歌ってたかの説明でメンバーがしんみりしたりもする。1,2部とあって、2部は良かったんだけど、初めてのお店での緊張のせいなのか、1部の曲間で馴染みのお客さんとのダラダラした長い会話をしていたのがつまんなくて、これでチャージ取られるのは嫌だな~と思った。昨日のヨーワンの状況を思い出しつつ、お客さんが複数いるとしても1対1で見れるようなライブが見たいです。