お も か げ

名古屋← 場所が好きです →その他

1/23-25

1/23月
今池乙女カタログ@得三

モノポリー
「みづき」「三文芝居のお姫様」「あたらしい踊り」「ようこそ」と、があこさんソロアルバムからも含む選曲。他にも、まだアルバム未収録の「チクタク」、前のアルバムから「名づけのマンボ」「折も折、」。新曲も1曲あったはず。「ようこそ」「折も折、」を改めて聞くと、すごく良い歌詞だな~と思う。タイガーさんが風邪でコーラスが出来なかったのが残念だったり、音の面でも違和感があって、タイガーさんがアコーディオン弾いている時の、マイクで拾われたバスドラなど、得三とはいえライブハウスな音にいまいち慣れず。ギターの面でもそういう不慣れ感覚を持ってしまったけど、単にがあこさんが弾けてないと思う時もあり。でも、ライブハウスなギターの音で、パンクなスカバンドに思えたのが面白かったです。

野村麻紀
知っている印象からはあまり変わらなかったけど、モノポリーズの演奏し辛さを感じたライブの後だと、自然に演奏しているように見える野村さんは良かったです。電車で来る途中の滋賀の歌だったり、前から好きな「急行列車」も演奏。もうすぐ4枚目のアルバムが出るそう。

しょうにゅうどう
今日は二人だけの演奏。最初の「ずれる」での、さゆりさんがブラシでのドラムをうまく叩いていたのも良かったし、今回はすごく準備をしているように見えて(現に使用楽器の順番のリストを作ったりしていた)、曲に力強さを感じる。「ずれる」の他は、「男と女」「死ぬかと思った」「右左」「さどの娘」「ロドリゲス」など。夫婦の関係って説明をしていた新曲もあり。さゆりさんのシロフォンの音で、さんましめさばを少し思い出したりもする。1~2曲目を曲間なしに繋いでいた時に、さゆりさんが「こんなんやっちゃってるわ~」的に少し笑っているように見えて、更に河合さんも3,4曲続けて演奏した後に、ムズムズしてくるみたいなことを言っていたんで、同じような感覚を持っているのかな。アンコールは「歌でもうたえば」でした。タイプがやっぱり似ているのか、ノビさんと一緒に演奏したときよりも馴染んでいます。イベントタイトルが乙女なんで、内股を意識していた河合さん。
__________

1/25水
あいてる窓から失礼しますよ@ie gorico

平井正也(マーガレットズロース)×鈴村まどか(PLUTATA)
1部は平井さんソロ、2部はまどかさんとの二人での演奏。1部はマガズロ「べいびー」「斜陽」の他、去年出した「まったく最高の日だった」からの曲も多め。去年トヨロックで見た時に、ギターのフレーズが不思議だと思った曲も演奏してて、今回も同じような不思議な感覚になる。多分「魔法をかけてあげる」です。平井さんの曲は良い曲ばかりで、途中モンキーズがロックンロールしているみたいで、それってすごく格好良いことだと思った。1部最後はスタジアムロックな曲で、お客さんの手拍子の中、平井さんはギターソロ。上手く弾けず決まりきらないところが、逆に平井さんらしくて好感持てました。2部最初は、まどかさんソロでスタート。今日はハープじゃなくキーボードで、Jaaja「さなぎのスープ」をカバー。最初の方は上手くいってたけど、キーボードが物理的に安定していないのか、少し上下に揺れてたりで少し笑い出して、途中でやめる。元々この曲はやる予定じゃなかったそうで、次はソロでいつもやっている曲。その次に平井さんが参加しての、まどかさんの「お茶」って曲。この曲がすごく良くて、平井さんが全面に出るでもなく良いバランスで成り立っている。それ以降は平井さんの曲で、今後作るという平井正也バンド(ベースはふちふなの船戸さん、ドラムは僕のレテパシーズの人、まどかさんも参加)用の曲。「妻のおなら」みたいな曲があって、マガズロと違う世界観なのかと思ったけど、2,3曲目からはマガズロでも演奏してそうな曲もあり。まどかさんが土曜日のドラマの主題歌みたいって言ってた「コントローラ」って曲は、銀狼のマッチの曲みたいなのを想像していたけど、全然違ってた。最後はマガズロの「うその地球儀」。この曲もすごく良かったです。アンコールは「どどど」で、昨日平井さんは前乗りして、まどかさんと一緒に練習してたらしいけど、この曲を合わせるのは初めてっぽい。まどかさんが探り探りな演奏の中、「こっからずっとE!」みたいな感じで、平井さんは歌詞でキーを教える。ゲルさんのモンド映像ショーで、現地調達のミュージシャンにアドリブを振るチャック・ベリーみたいにも見えたけど、平井さんの方がずっと優しい。平井正也バンドのこれからが楽しみだし、今日のまどかさんの「お茶」みたいに他のメンバーの曲もやって欲しいです。あとイベントタイトルの「あいてるまどか ら~」はPLUTATAが今活動的じゃないので「(空いてるまどか)」って意味だそう。